会社

乳児と子どものためのフレーム

TOMATO GLASSESは、
「トマトグラッシーズ」の原点は、我が子を想う親の愛。

CEO IMAGE

かつて、当時1歳だった私の息子に、片方の眼が内側に寄る症状が現れました。
病院の診断では遠視が原因の斜視であるとのこと。医師から遠視矯正用メガネと、
アイパッチの使用を薦められすぐに実践しましたが息子は嫌がるばかり。
かといって、メガネをかけないと症状は進行してしまいます。

親としてしてあげられることは、幼い息子が嫌がらないような、
かけ心地のいいメガネを見つけること。しかし、頭が小さく、
鼻もまだ低い子どもに合うメガネは国内外を探しても見つかりませんでした。

「どこにもないのであれば、自分でつくるしかない」。
わが子への愛情から芽生えたその決意がトマトグラッシーズ設立の原点です。
息子は私がつくったメガネを喜んでかけてくれるようになり、無事に手術を終え、
症状は治りました。

「あきらめなくて良かった」。
このかけがえのない喜びが、かつての私たちと同じように悩み、苦しんでらっしゃる
親御さんにも届きますように。心からの祈りを込めて、トマトグラッシーズは子
どもたちが笑顔になるメガネづくりに取り組んでいます。代表 金承駿。

これがトマトグラッシーズ誕生ストーリーです

閉じる